七五三 初穂料について

七五三 初穂料について

「初穂料」って何?

初穂料は「はつほりょう」と読みます。

初穂とは、神仏にお供えするその年に最初にとれた稲や野菜などの農作物のこと。その初穂の代わりとして献じられる金銭のことも指すようになりました。神社に祝詞(のりと)を上げてもらい、お祓いをお願いした謝礼で納める金銭のこと初穂料を言います。

神社によっては「玉串料(たまくしりょう)」というところもありますが、同じものです。

初穂料を渡すタイミングは、七五三のお参り受付をしている社務所などで、受付時に渡します。

初穂料の金額の相場は5,000円~10,000円くらいで、初穂料は「5,000円から」という神社が多いようです。
予め金額を決めている神社もあります。

神社によっては、祈祷の予約や問い合わせの電話の際に、初穂料の金額を事前に教えてくれるところもありますので、聞いてみましょう。

※日本全国の七五三で有名な神社を各都道府県別(市区町村別にも)に探すことができる、こちらの姉妹サイト『七五三神社どっとこむ』もおすすめです。各神社の連絡先はもちろん、各神社で決めている初穂料の金額なども掲載しています

 

また神社に入っているレンタル着物・写真撮影の業者が予め初穂料も金額を決めてパック料金としているケースもあります(我が家で頼んだ際は、パックに含まれていました)

事前にどのくらいを用意したらいいのかを、神社や業者に確認しておくのもいいでしょう。

 

初穂料を入れるのし袋の表書きや準備の仕方について

七五三 初穂料 のし袋の書き方

初穂料はのし袋(金封)に入れて(包んで)神社へのお参りの際に持参します。

表書きの書き方や中袋の書き方、用意の仕方には一般的なしきたりやルールがありますので、事前によく調べておいて用意しましょう。
(お参り当日に用意しようとすると、他の準備などと重なり、必ずバタバタします。お参り前日にちゃんと初穂料をのし袋に入れて準備しておくことをおすすめします)

※のし袋の表書きには「御初穂料」「初穂料」と書き、水引き下の下段には祈祷をうける七五三のお子様の名前をフルネームで書きます。

※七五三の初穂料について、表書きの書き方や中袋の書き方、水引や金額などについてさらに詳しくこちらの姉妹サイトで紹介しています。ぜひご参照下さい。

 

このページを読んだ人は、こちらの七五三フォトスタジオもチェックしています

クッキーナッツ・スタジオ
クッキーナッツ・スタジオ

神奈川県川崎市川崎区境町

フォトスタジオ チェルシー
フォトスタジオ チェルシー

埼玉県入間市小谷田

写真スタジオタカノ 小岩
写真スタジオタカノ 小岩

東京都江戸川区西小岩

このページを読んだ人は、こちらのページもチェックしています

 

こちらの特集記事もぜひご覧になってください♪

 

こちらのページで七五三向けフォトスタジオ・ホテルなどを探す

 

レッツ運だめし!ーおみくじをひこう!!

ここは一発運だめし!!おみくじをひこう!神社やお寺で七五三の祈祷を待っている間や七五三のお子様たちとぜひお楽しみ下さい!
(別サイト:おみくじドットコムへリンク)

 


目的別で探す

お店のカテゴリー
※Ctrl+クリックで複数選択可能
都道府県