七五三 時期

12月に七五三のお参りはできるの?

 

さんちゃん
さんちゃん
今回は「七五三って秋のお参りシーズンを過ぎた12月でもお参りできるの?」ということについてお伝えします

 

毎年秋の七五三お参りシーズン(主に10月後半〜11月前半の期間)になると、日本全国の神社やお寺の境内では、かわいい七五三の着物や衣装に身を包んだお子さんたちとそのご家族で賑わいます。

 

ですが、その時期にお仕事やいろいろな関係でどうしても七五三をお祝いできない、お参りや祈祷をお願いできないご家族もいますし、10月・11月ではなく

12月以降に七五三のお参りとお祝いをしたい

というご家族も多いかと思います。

 

今回はそんな「12月に七五三のお参りってできるものなの?」ということについてお伝えします。

 


※七五三 神社境内でのお参りの様子|写真提供:snapmart

 

12月になっても七五三のお参りはできますし、祈祷も上げられる、12月行う人も多いですが、各種サービス的なものは11月中まで

 

結論からお伝えすれば、

12月になっても七五三のお参りはできるし、神社・お寺で祈祷も上げてもらえます。

 

神社やお寺で社務所もしくは祈祷受付にいって、「七五三 ◯歳でお願いします」と依頼すれば、神社やお寺は通常通りに受け付けてくれますし、祈祷もあげてもらえます。

 

実際、12月中も七五三の衣装を来たお子さんとそのご家族を目にする機会は多く、10−11月の混み合う時期をあえてズラして12月にお参りするというご家族も多いです。

神社境内での出張撮影、ロケーションフォトなどは10−11月ではなく、この12月に行うといいでしょう。

 

ただし、七五三も季節行事的なところはあるので、神社境内での七五三の雰囲気は12月にはもうないですし、ホテルのレストランなどでの「七五三コース」などの食事コース・プランはもう終了してしまってます。
※ただし通常の「お祝いプラン」や「慶事プラン」などはあるでしょうから、それらを利用するのも有りです

 

写真館やフォトスタジオでは、「後撮り」という形で記念写真の撮影および着物のレンタルなどを受け付けてくれます。

料金についてもハイシーズンよりはリーズナブルになっていることも多いので、この後撮りプランなどを利用するのも賢い選択です。

 

とはいえ、お伝えしたように11月も後半に入ると、神社やお寺では「七五三の参拝・お祝いムード(七五三の幟が立てられたり、境内で七五三にまつわるものが置かれたり、記念撮影用のスポットが用意されたり)」は終わってしまうため、また他の多くの七五三ちゃんたちと一緒の雰囲気にはなれないため、

七五三を肌で感じたい、文化と季節を感じたい

という方にとっては、ちょっともの寂しい七五三になってしまうことは否めません。

 

とはいえ、お子さんの健やかな成長と今後の成長を祝い人生儀礼ですので、お子さんが楽しめる、そしてそのご家族にとって記念になる七五三であることは12月に行っても変わりはないことだと思います。

 

※本サイト「七五三ドッとコム」では七五三に関する様々な情報とともに、写真館やフォトスタジオなど七五三サービスを提供する店舗についての情報も満載です。ぜひご利用ください。